正しく運用・投資顧問

ご自身の資産を正しく運用すべく、投資顧問を通じて様々な資産運用を行いましょう。不動産や地域密着型の投資にいたるまで、豊富なアドバイスを得ることができます。まずは当サイトをご一読ください。

公正な取引のための不動産投資顧問業

不動産投資も投資の一つなのですが、他の投資とは少し異なる部分も多くあります。流動性が低いことや取引にかかる最小金額が大きいことなどもありますし、リスクがわかりにくいなどの特徴もあります。そのために、不動産投資のアドバイスを行ったり、あるいは運用を任せたりする際には、知識のある人なのかどうかを判断することが必要でしょう。しかし、一般消費者にはその判断が難しいですから、国土交通省が不動産投資顧問業を定めて登録制度が作られています。
登録するハードルは高いと言えるでしょう。不動産投資に対して一定水準以上の知識や業務遂行能力を持っていることが条件となります。そして、登録をすれば情報開示を行うことが必要となります。投資家保護のためにルールも定められています。不動産投資顧問業は二つの種類があり、その一つが一般不動産投資業です。
一般不動産投資業とは、不動産投資に対して助言を行うことを指します。つまり、適切なアドバイスができることを意味します。不動産流通近代化センターや日本ビルディング経営センター、不動産証券化協会で重要な使用人が事業を行っていて、かつ国土交通大臣の登録を受けていることが一つの条件となります。また、弁護士や公認会計士で不動産投資の経験を持っている人も認められます。
総合不動産投資顧問業とは、不動産投資の助言だけではなくて、一任業務を行うことを指します。つまり、お金を預かって投資を行うことまでできるわけです。ファンドがお金を集めて運用し、それを出資者に返すと言ったことを行う場合に適した業務だと言えるでしょう。
現在のところは、登録は任意ですが、登録されていない業者よりも登録されている業者の方が安心です。

●投資顧問のことならここさえ抑えていれば問題なし
儲かる投資顧問ランキング
●様々な株情報をブログでチェック
株のことならブログで調べる